海外旅行の現地での移動手段は何がいい?

海外旅行の現地での移動手段は何がいい?

海外旅行の移動手段には様々な方法があります。

空港からホテルまで、ホテルから観光地までなど、場所によっては長時間の移動が必要となります。

しかし、複数ある移動手段の中からどれを選べばいいのか迷ってしまうことも。

ここでは、海外旅行の移動手段について、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

海外旅行の際の参考にしてみてください。

電車やバスなどの公共交通機関

海外旅行では電車やバスなど、公共交通機関を使った移動手段があります。

日本国内とは使い方が大きく異なる場合があるので、事前に使い方を確認しておきましょう。

電車やバスなどの公共交通機関のメリットは、価格が安いためコストが抑えられることです。

公共交通機関は現地の方の移動手段でもあります。

使いやすいように、価格は安めに設定されています。

なるべく安く価格を抑えた海外旅行をしたい、という方は、公共交通機関を積極的に利用して移動しましょう。

また、公共交通機関はその土地の特色を感じられるものです。日本とは異なる、海外特有の空気や雰囲気をしっかり感じたいという方は、公共交通機関の利用がおすすめです。

思い出作りになります。

一方でデメリットもあります。

電車やバスなどの公共交通機関は、目的地へ直接向かうものではないので、場合によっては乗り継ぎが必要になります。

慣れない土地で読めない文字を見ながらの乗り継ぎはとても大変です。

事前にしっかりとした下調べが必要となります。

また、海外の公共交通機関は、日本国内のように時間通りに来る、というところは少ないです。

国によっては一時間遅れが当たり前、というところもあります。

時間に余裕がない場合、公共交通機関の利用はリスクが伴います。

また、治安が悪い場所では利用に十分注意が必要です。

手荷物は自分の腕の中にしっかりと抱え、スリに合わないように自衛が必要です。

見知らぬ人に絡まれる可能性もあるので、利用時にはこれらのリスクを念頭に置いて対処しましょう。

タクシーやレンタカーなど車での移動

海外旅行はタクシーやレンタカーを利用する、という方法もあります。

日本国内でも、海外旅行者がタクシーやレンタカーを利用する率は高いです。

車での移動は、目的地近くまで直接行けるという点がメリットとして挙げられます。

公共交通機関は目的地の最寄り駅までしか行けないので、そこから徒歩で移動しなければなりません。

見知らぬ土地の徒歩移動は不安、という方に、目的地まで直接行けるタクシーやレンタカーは安全性が高く便利な方法です。

タクシーを利用する場合、宿泊先のホテルで手配可能なところが多いので依頼するだけで簡単に使えます。

レンタカーの場合、様々な手続きが必要なので旅行前に準備が必要です。

便利で安全性が高くメリットが多い移動手段に見えますが、一方でデメリットもあります。

まず、公共交通機関に比べ、利用料は割高です。

車で移動する場合、旅行代金を多めに用意しておく必要があります。

また、タクシー運転手とのやり取りはもちろんその国の言葉です。

英語が使える国もありますが、全く使えないケースもあります。

このような場合、目的地まで正確にたどり着けないリスクがあります。

中には悪質なタクシードライバーもいて、料金をぼったくられる可能性もあります。

レンタカーを自分で運転する場合、その土地の交通ルールを守らなければなりません。

日本と同じ感覚で運転すると、事故のリスクが高まります。運転には十分気を付けましょう。

海外旅行の移動手段はそれぞれのリスクを確認しておこう

海外旅行の移動手段は様々な方法がありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

安いから、便利だからという安易な考えで移動手段を選択すると、現地でトラブルに繋がる恐れもあります。

まず、旅行先の治安などの情報収集を行い、どの移動手段が最も適しているか、自分の予算と相談しながらしっかりと選びましょう。