短期間でも海外旅行保険には加入しておくべき!

海外旅行に行く際、必要とされているのが旅行保険です。加入義務はない旅行保険ですが、せっかく楽しんでいた海外旅行が、結果として大変なことになってしまったということにならないよう、海外旅行保険は入っておくべきものだと言われています。

いろいろな種類の海外旅行保険がありますが、それぞれの特徴について紹介していきましょう。

海外では健康保険が使えない

日本では病気や怪我をすると当たり前のように使っている健康保険は、海外では使うことができません。

つまり、軽い風邪や怪我で病院にかかったとしても治療費全額を負担しなければならず、場合によってはとても高額となることがあるのです。

例えば、日本では簡単な手術治療となる盲腸の治療でも、アメリカなら200万円、ヨーロッパでも100万円はくだらないと言われています。

いつどこで病気や怪我をするかわからない海外旅行の際は、海外旅行保険に加入しておくことが重要なのです。

クレジットカード付帯の海外旅行保険と保険会社の海外旅行保険

海外力にいく際には、クレジットカードを持参する人がほとんどです。

このクレジットカードに海外旅行保険が付帯されていることが多いです。

ただし内容については確認しておく必要があります。

付帯されている保険のメインが死亡・後遺障害である場合、障害や疾病の通院補償が少なくて治療費のすべてをカバーできないこともあるのです。

海外での医療費は日本と比べ物にならないほど高額です。クレジットカードは複数枚持っていき、合算して利用することも一つの方法となります。

クレジットカード付帯の海外旅行保険には、携行品損害保険という持ち物に関する補償が付いているものも多いです。

ただし、自動付帯かカードで買った商品のみ補償される利用付帯かはクレジットカードによって異なります。自動付帯であればカードで買い物をしなくても、保険のみでの利用が可能だから安心です。

次のような国を訪れる場合には、保険会社の海外旅行保険に加入しておいた方がいいと言われています。

衛生状態が悪い国、スリや置き引きなど治安が悪い国、政情不安定な国、訴訟が多い国、これらの国に関しては手厚いサポートを受けられる保険会社の海外旅行保険の加入が安心です。

医療費や盗難などに対する補償だけでなく、政情の悪化で飛行機が遅延した場合の宿泊・飛行機費用の弁済、訴訟問題に巻き込まれた時の弁護士費用など、多くの安心が受けられるのが保険会社の海外旅行保険です。

申し込み手続きは幾通りもある

クレジットカード付帯の海外旅行保険は、特に何か手続きする必要はありません。

別に保険会社の海外旅行保険に加入するときは、申し込み方法にはいくつかの選択肢があります。

まずは旅行代理店での加入です。旅行の申し込みと一緒に加入することができ、万が一の際の手続きも代理店が代わりに行ってくれます。

ただし手数料などが上乗せされたり、必要のない補償もセットになっているなど、保険費用が高めになることが多いです。

保険内容を自分で選んで加入したいのであれば、24時間受付可能なインターネットでの申し込みがあります。

代理店や空港での加入と比較すると、かなり格安に加入することができますが、自分で補償内容をすべて決定しなければなりません。

また、加入するのを忘れていた場合、当日に空港で保険に申し込むことも可能です。

値段が割高で、時間に余裕をもって空港まで行かないと、加入できなくなる恐れがあるため注意が必要となります。

海外旅行保険は必ず使うものではありませんが、万が一のときの出費を最小限に抑えることができるものです。海外は日本とは勝手が違うということを理解して、加入しておいたほうがいいでしょう。

海外旅行の際に、保険には加入すべき?

海外旅行にいく際に、保険をどうするか悩む人は多いものです。

しかし万が一、海外で体調を崩し病院にかかると、高額な医療費が請求されることとなります。

また、携帯品の破損や盗難といった場合、保険で補償されるのであれば安心です。クレジットカード付帯保険やインターネットでも気軽に申し込みが可能なので、海外旅行に行く際には保険に加入しておくようにしましょう。