海外旅行にいくときの両替サービスは日本?現地?方法は?

両替サービスは日本?現地?方法は?

初めての海外旅行、買い物などはクレジットカードで支払うことも多いため、現金はあまり必要ないと考えるかもしれません。

しかしホテルやレストランなどで支払うチップや、クレジットカードを利用できない屋台など、現金を必要とする機会は少なくありません。

では日本円を外国通貨に両替するにはどうしたらいいのでしょうか。

円とドルの交換は日本国内で行うこと

とりあえず日本円をもって海外旅行に行き、現地で使う分だけ両替すればいいと考えているのであれば損をする可能性があります。

例えば円をアメリカで両替しようと思った場合、交換手数料をかなり取られることとなります。

理由は簡単です。

アメリカ国内では円の需要がないため、両替をするメリットがありません。

そのために手数料を高くとっているのです。

アメリカドルは世界の基軸通貨として信用があります。

日本国内で使用することは出来ませんが、マーケット上では必要不可欠な通貨であるため、日本国内でも安い手数料で両替ができるのです。

これはほかの国でも同様です。

日本円は世界中で広く流通している通貨ではないため、両替をするのであれば日本で行った方がお得になることが多くなります。

ヨーロッパ諸国が利用しているユーロも、アメリカドルと同じ理由で日本国内での両替の方がいいでしょう。

アメリカドルを通貨として利用していない国であっても、日本でアメリカドルに両替し、現地でさらに現地通貨に両替すると、手数料は2回かかってしまうものの結果として安く両替できることもあります。

日本国内での両替はどこで出来るの?

では外国通貨への両替は、日本国内ならどこで行っているのでしょうか。

意外にたくさんあって、大手銀行・空港内の両替所・ネット両替サービス・金券ショップ・郵便局などで行うことができます。

この中で、もっとも信頼性と確実性が高いのが大手銀行です。

交換レートは毎日変動していますが、大手銀行であればそれほど手数料の差はありません。

近くて便利な銀行を利用するといいでしょう。

郵便局は全国各地にあって便利な交換先ではありますが、手数料が大手銀行より高く設定されています。

ですが、近くに外貨両替できる銀行がない、インターネットを使うことができないといった場合に利用するメリットがあります。

また交換手数料だけ見ると、金券ショップが最も安く設定されていることがあります。

安く両替できるメリットはあるのですが、偽札などの混入を防ぐことができないというリスクが相対的に高いというデメリットもあります。

時間があるならインターネットが安くて便利

大手銀行や郵便局窓口では、すぐその場で両替をしてくれるために、旅行までに時間がない人はとても便利です。

しかし海外旅行までにまだ日数があるのなら、インターネットを利用して両替を申し込みすると、手間もかからず手数料も抑えることが可能となります。

インターネットを使った外貨両替は宅配サービスとなり、わざわざ銀行などに出向かなくても両替ができるのがメリットです。

近くに両替ができる銀行がない場合、交通費を使って大手銀行まで出向くよりも、配送料無料のインターネット外貨両替サービスを利用した方がお得になります。

ただし即日交換はできず、サービスによっては手元に届くまでに1週間以上かかることもあるため、余裕をもって交換申し込みをする必要があるのです。

両替のレートというのは毎日更新されます。

あらかじめ渡航先がわかっているのであれば、安いレートの時に前もって交換しておくと、かなりお得に交換できるかもしれません。

海外旅行にいくときの両替はどうすればいい?

海外旅行にいくとき、クレジットカードだけではチップの支払いなどに困ります。

そこで現地通貨を準備しておく必要があるのですが、どこで両替するのがいいのでしょうか。

信頼と安心なら大手銀行や郵便局、渡航までに時間があるならインターネット利用の宅配サービスが手数料も安くて便利です。

日本円は海外では需要が低いため、アメリカドルやユーロは現地両替は高くついてしまいます。

日本での交換がお得です。