海外旅行に必要なのはパスポート?ビザ?申請方法は?

海外旅行に必要なのはパスポート?ビザ?申請方法は?

初めて海外旅行に行くときに、必ず作らなければならないのがパスポートです。

それと同時に、国によってはビザが必要となる場合もあります。

初めての人にとっては、揃えなければならないものが多くて迷うこともあるかもしれません。

取得するために必要なものや申請場所、取得までにかかる期間などを詳しく見ていきましょう。

パスポートに必要なものと申請方法

海外旅行に必要なパスポートは、自分で記入しなければならない申請書と必要書類を揃えて申請窓口へ提出することとなります。

まず申請書については「一般旅券発給申請書」というもので、パソコンから自分でダウンロードしたり自治体で受け取ることも可能です。

申請書は有効期限が5年のものと10年のものがありますが、20歳未満の人は5年用しか申請することは出来ません。

必要な書類は、申請時より6か月以内の戸籍謄本(または戸籍抄本)・住民票の写しが各1通、身分証明書(運転免許証や船員手帳なら1点、健康保険証や年金証書・学生証などは2点)そして過去6か月以内に撮影した写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートルの縁なし無背景)となります。

申請は上記の必要書類をすべて揃えたうえ、住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で行います。

申請者が未成年であったり、代理人による申請書提出の場合、署名や身分証明等が別に必要となるので注意が必要です。

申請後、パスポート受け取りまでは1週間から10日ほどかかります。

受領の際は、受領証と手数料(必要額の収入証紙及び収入印紙を受領証に貼付)を持って必ず本人が交付窓口まで受け取りにいかねばなりません。

海外旅行にいく予定があるなら、早めに申請しておくといいでしょう。

入国にはビザが必要となる

実はパスポートというのは、国民が合法的に国を出発する資格を与えるだけのものです。

つまり、ほかの国へ入国する許可が下りたわけではありません。

この入国の許可に必要なのがビザであり、その国の在外大使又は領事が発行する入国証明がビザとなります。

本来ならば、海外へ出入国する際には、パスポートとビザの両方を用意しなければならないのですが、国や滞在期間によってはビザを必要としない国もあるのです。

細かい規定は国によって異なるので、行きたい国がある場合は事前に確認することが大切となります。

もしビザが必要となった場合、日本国内にある行きたい国の大使館領事部(査証課)か領事館に直接出向いて申請・取得します。

ビザ申請書については、外務省のHPからダウンロード可能です。

申請書への記入はすべて英語で行います。

たとえ公用語が英語ではない国へ渡航する場合でも、申請書への記入は英語のみと決められているのです。

それ以外に、6か月以上の期限が残っているパスポート、証明写真(サイズは国によって異なる)、査証料(金額は国によって異なる)、そして入国先によっては往復の航空券や予防接種証明書、渡航費の支払い能力証明書類などを一緒に提出することもあります。

ビザの申請にかかる日数ですが、即日発給されることもあれば数日かかることもあります。

日数には余裕をもってビザ申請を行った方がいいでしょう。

ただしビザには有効期限があります。

実際に滞在する日数ではなく、有効期限までにその国へ入国しなければならないという期限です。

期限を過ぎるとビザは失効してしまうので気を付けましょう。

初めての海外旅行に何が必要?

初めて海外旅行に行くのであれば、まずはパスポートを取得する必要があります。

申請書と必要書類を揃え、申請窓口で受け付けをします。

申請は代理人でも可能ですが、パスポートの受け取りは必ず本人でなければいけないので、余裕をもって申請するようにしましょう。

申請から受け取りまではだいたい1週間~10日間です。

別途ビザが必要な国は、必要なものをそろえて各大使館に行って取得することとなります。